吉岡研究室

menu
Biofunctional Imaging
吉岡研究室
大阪大学 先導的学際研究機構(OTRI) 生体機能イメージング
      大阪大学大学院 生命機能研究科 MRI協働ユニット
大阪大学・NICT 脳情報通信融合研究センター(CiNet) 計測基盤技術

News

more

WORKS / 研究内容

動物用(11.7T)とヒト用(7T)の超高磁場MRI装置を主に活用して、生きたままの真の生体機能に迫るとともに臨床への活用を目指しています。 特に、神経系・免疫系・内分泌系・環境因子のクロストークに関係する現象に興味を持っています。

磁気共鳴法により得られるヒト脳からの多様な情報の例

磁気共鳴法では多様な情報を取得できる。上記図中の情報のみでも多様ですが、更にハード・ソフトの工夫で、いままでだれも見たことが無かった生体現象の可視化が可能となります。一つの情報のみでも、非常に有用ですが、更に、複数の情報を併せて用いる事も可能であり、多面的に生体機能を評価する事が可能となると考えられます。

超高磁場MRIによるマウスのリンパ管やリンパ節のイメージング

マウスリンパ管は造影剤を用いる事で可視化できる。マウスリンパ節は、1mmに満たないのも多いが、超高磁場MRIでは、造影剤なしでも評価できる。

 

超高磁場MRIによるマウス脳内のマクロファージの可視化

マウス脳内のマクロファージが非侵襲の生きたままで、且つ1細胞レベルで追跡できるようになりました。造影剤での標識が必要ですが、超高磁場MRIにより、1細胞レベルで追跡できます。

健常人の脳内の温度分布や脳内温度のダイナミックな揺らぎが見えるようになりました

磁気共鳴信号には、温度で変化するものもあります。それをうまく活用する事で、深部の温度を知ることができます。温度の他、pHのような生理学的情報も得られます。

 

健常人の脳内のグルタチオンの検出

体内の様々な物質を非侵襲で測定できます。徐々にMRIで測定可能な物質が加わっています。

がん細胞をターゲットとしたプローブの活用(理研・QBiCの神隆先生との共同研究)

検出能・識別能を上昇させるためのプローブ開発も重要です。高感度・高選択性のプローブ開発やマルチモダルプローブ開発の共同研究も進行しています。

詳細

 

 

ABOUT / 研究室概要

MRIを駆使しダイナミックな生命現象を可視化する

私たちの研究室では、小動物用11,7TMRI装置やヒト用7TMRI装置を用いて、免疫機能・脳機能を中心に「ダイナミックな生体機能を非侵襲的にイメージング」することに挑戦しています。時空間分解能の向上とともに、特徴的なな機能抽出のための手法開発も試みています。イメージングにより、機能異常に至る機序を明らかにすることにも挑戦しています。中枢神経系の機能には免疫系・内分泌系が密接に関わっており、それらの(こころ・免疫・ホルモン)の相互作用を非侵襲的な磁気共鳴法(MRI)で評価したいとも考えています。「病は気から」も科学的に評価できるレベルに来ていると考えています。環境因子の生体機能への影響・関わりにも興味を持っています。

磁気共鳴法(NMR)は、他の非侵襲的画像化法では難しい、機能・構造・代謝の情報を合わせて提供できる特徴を持っており、生体機能の評価において重要な役割を果たします。更に、磁気共鳴には様々なパラメーターが関わっており、その特質を活用することで、生体内の多様な情報を統合的に引き出せる可能性を持っています。脳機能、構造、代謝の情報のみならず、生理学的にも病態生理学的にも重要と思われるヒトの脳内の温度も検出できる様になり、脳の温度がダイナミックに変動していることも分かるようになってきました。

磁気共鳴法を使った研究を展開・推進するため、プローブ合成チームと共に、新規プローブ開発や感度向上、新規計測法の開発も行っており、また、基礎医学・臨床医学両方面での共同研究も多数進んでいます。

研究室名 大阪大学 先導的学際研究機構
生体機能イメージング
PI 吉岡 芳親
住所 〒565-0871
大阪府吹田市山田丘1−4
脳情報通信融合研究センター棟 B1A5
Tel 06-6879-4656